RT Box

The HIL Platform for Power Electronics

PLECS RTボックスは、パワエレ用アプリケーションに特化して設計されたリアルタイムシミュレータです。多数のアナログおよびデジタル入力/出力チャネルと、SoC(CPUコア搭載FPGA)により、リアルタイムでハードウェア・イン・ザ・ループ(HIL)および、ラピッド・コントロール・プロトタイピング(RCP)を実行/処理します。RT Boxには、使用条件に合わせ、複数のバリエーションが用意されています。技術仕様の違いを確認するには 仕様比較表 を参照して下さい。

HILS(Hardware-in-the-Loop Simulations)

RT BoxはHILシミュレーションにおいて、電力変換器等のパワエレ機器のエミュレートに使用されます。 電力変換器としては、シンプルなDC/DCコンバータや、交流電動機システム、複雑なマルチレベルインバータシステム等が適用可能です。 シミュレーションによる検証対象は、RT Boxに接続される制御ハードウェアになります。 この設定によって、実際の電力変換ハードウェアを接続せずに、より簡単に制御ハードウェアの検証が可能になります。

通常、制御ハードウェアの入力信号は、電圧/電流センサから出力されるアナログ信号となります。 HILシミュレーションでは、これらの信号が、PLECS RT Boxのアナログ出力チャンネルから出力されます。 速度測定用ホール効果センサー等のデジタル信号は、RT Boxのデジタル出力チャンネルから出力されます。

パワエレ用途の制御器は、個別のパワー半導体を制御するために多数のPWM信号を生成します。 PWM信号は、RT Boxのデジタル入力によって、10ns以下の時間分解能で検出可能です。 検出された入力データを適用して、RT Boxは電力変換器をエミュレートし、数マイクロ秒後、アナログ信号で、その計算結果を出力します。 I/O入出力の短い遅延時間によって、接続された制御ハードウェアは、実際の変換器システムが実装されているように動作します。

RCP(Rapid Control Prototyping)

他の用法として、RT Boxを、 電力変換器の制御器ハードウェアとして使用することも可能です。 この場合、電圧/電流センサは、RT Boxのアナログ入力に接続されます。 デジタル出力は、パワー半導体のPWM信号を生成するために使用されます。 大半のMCUと比べて、RT Boxは、 多数のアナログ/デジタルチャンネル、 速いサンプリングレート、高性能CPUをサポートしており、 他の統合した制御システム開発ソリューションと比べ、 より高いパフォーマンスの恩恵を得ることが可能になります。

PLECS RT Boxを2台使用する場合、BTB(Back To Back)の完全システムをテストすることが可能になります。 この場合、1台は電力変換器をエミュレートし、もう1台は制御器となります。

外部H/W接続用インターフェイス

外部ハードウェアとの接続用インターフェイスとして、ブレークアウトボードとインターフェイスカードセットが用意されています:

Analog and Digital Breakout Board

RT Boxの仕様

プロセッサ

RT Boxのチップは、FPGAと2つのCPUコアによって構成されている、Zynq system-on-chip(Xilinx社)が採用されています。 I/OチャンネルとCPU間でのデータ通信に対し、FPGAとCPUの統合によって、ULL(Ultra Low Latency)を実現します。 1つのCPUがユーザーとの通信に使用されている間、他の1つのCPUはリアルタイムシミュレーションに使用されます。

アナログI/O

RT BoxのADC(Analog-to-Digital Converter)と、DAC(Digital-to-Analog Converter)は、 どちらも、2Mspsのサンプル・レートと16ビットの分解能がサポートされています。 入/出力は、工業用電圧範囲に調整可能です。 全てのI/Oは、放電(ESD:Electro-Static Discharge)、 短絡、突発的な過電圧印加に対して、保護機能がサポートされています。

アナログ入力は、コモンモードEMI(Electro-Magnetic Interference)を抑制する、差動入力です。 必要な場合は、シングルエンド入力も対応可能です。

デジタルI/O

デジタルI/Oは通常、PWM信号の検出/生成に使用されますが、 汎用のデジタルI/O信号として使用することも可能です。 このデジタル信号は、5Vおよび3.3Vの信号レベルで互換性があります。

PLECSシミュレータとの連係

RT Boxは、「PLECS Standalone」と「PLECS Coder」が実行可能なホストコンピュータと連係して使用します。 PLECS Coderは、RT Boxのリアルタイムシミュレーションで実行するため、 仮想空間上のPLECSシミュレーションモデルを、Cコードへ自動で変換します。 ホストコンピュータ上のPLECSシミュレーションモデルは、 外部モードを使用して、RT Boxのリアルタイムシミュレーションと接続可能です。 これにより、RT Boxのシミュレーション結果を、 ホストコンピュータ上の「PLECS Scope」に表示し、 パラメータの設定を、より簡単に変更することが可能になります。

チュートリアル資料

RTボックスの設定/操作方法を解説した動画(英語)は、こちら です。

導入費用

為替・関税手数料等の影響で、販売価格は各国によって異なっていますので、 現地通貨による販売金額は、各国の販売代理店にお問い合わせください。