PLECS

Simulation Software for Power Electronics

PLECS®は、パワーエレクトロニクスシステム用高速シミュレータです。PLECSには2つのエディションがあります: MATLAB®/Simulink®に完全統合した PLECS Blockset、および単独環境で動作するPLECS Standaloneです。

バージョン4.1の新機能

  • 代数ループソルバ
    代数ループが発生する問題の処理能力を強化しました。以下のコンポーネントでこの機能を確認できます:代数制約、可変抵抗、電気代数制約、並進代数制約、回転代数制約
  • ステートマシンの機能拡張
    ステートマシンに、分岐遷移/トリガ用として、ジャンクション機能が追加実装されました。
  • 新しい離散化手法
    固定ステップソルバの離散化手法として、従来から使用しているTustin法に加え、計算精度と減衰機能が優れた新しい離散手法が実装されました。
  • PLECS Blocksetでターゲットコード生成
    PLECS Blockset用PLECS Coderが、PLECS RT-Box用ターゲットコードを生成可能になりました。外部モードによって、RT-Box上で実行中のPLECSモデルにアクセスし、パラメータ値をリアルタイムに変更、取得したデータを表示する機能がPLECS Blocksetでも使用可能です。

New: RT Box

PLECS RT Box は、リアルタイムシミュレータです。 32のアナログ入出力チャンネル、および、64のデジタル入出力チャンネルが用意されており、ハードウェア・イン・ザ・ループ(HIL)および、ラピッド・コントロール・プロトタイピング(RCP)を、実装されたデュアルコアCPUがリアルタイムで実行/処理します。

RT Box with breakout board

"Using PLECS for simulation very much corresponds to the way electrical engineers think: model building is straight forward and the calculations run both, reliably and quickly."
— Ralf Juchem, SMA Technologie AG