Cコード生成

Translating Circuits into C Code for Real-time Simulation

PLECS Coderは、 回路図からANSI-C規格のCソースコードを自動で生成します。 一般的に、PLECSでシステムのシミュレーションを実行した後に、モデルのCコードを生成します。 ユーザーは通常、最初のPLECSでシステムをシミュレートし、モデルからCコードを生成します。 生成されたCコードは、組み込み制御環境やリアルタイムシミュレーションといったターゲットに応じてコンパイル可能です。 このようなCコード生成機能の代表的な適用事例としては、 ハードウェアエミュレータ上で、仮想プラントを用いてシステムを検証するリアルタイムシミュレーションが挙げられます。 生成されたCコードを、ホストマシン上でコンパイル/実行し、複雑なシミュレーションモデルの計算時間を短縮化することも可能です。

PLECS Blocksetのコード生成機能は、 Simulink Coder® (Mathworks社 旧名称:Real-Time Workshop®) に完全統合されています。 シミュレーション実行ボタンを押すだけで、各ターゲットに対応したCコードが自動で出力されますので、 Opal-RTやdSPACEといったHILシミュレータのプラットフォームと連携して使用することが可能です。