プロセッサ・イン・ザ・ループ:Processor-in-the-Loop (PIL)

Develop, test and validate embedded code

技術者が組み込み用制御アルゴリズム(Cコード)を開発する場合、仮想空間で動作する回路シミュレータ上で、作成したコードを検証可能であれば、開発工程を短縮化できるため非常に便利です。

PLECSのPILパッケージを使用することによって、実際のマイコン(MCU)上で動作するCコードを、仮想空間のPLECSモデル上で取り扱い可能になります。

実際の物理センサー値を読み込む代わりに、シミュレーターで算出された値が、マイコン(MCU)上の制御アルゴリズムへ入力されます。同様に、マイコン(MCU)上で実行された制御アルゴリズムの出力値は、仮想空間上のPLECSシミュレーション・モデルへ、フィードバックされます。

この手法によって、キャストエラーやオーバーフロー等のプラットフォームに依存したソフトウェア不具合を確認することが可能になります。PILシミュレーションでは、ジッタやリソースの破損等の制御アルゴリズム・マルチスレッド化に関連した潜在的問題点を検出、および解析することが可能です。

コンポーネント

特化したPILコンポーネントブロックは、シミュレーションモデルと組み込み用プロセッサ:マイコン(MCU)の、インターフェイスとして動作します。ADC/PWM/キャプチャモジュール等のマイコン(MCU)ペリフェラルの動作を正確にモデリングするため、コンポーネントライブラリには、精密ペリフェラルモデル が実装されています。

組み込みフレームワーク

PLECSのPILパッケージには、パワーエレクトロニクスの適用分野で使用される組み込みプロセッサ:マイコン(MCU)をサポートする、PILフレームワーク・ライブラリが実装されています。複数の通信インタフェースがフレームワークによってサポートされており、PLECS上でシミュレーション・モデルとプロセッサ:マイコン(MCU)を効率的にリンクします。